しじみに含まれるオルチニン

しじみに含まれるオルチニン

しじみは淡水産・汽水産の二枚貝で、日本ではよく食用とされています。
日本には古来よりヤマトシジミ、マシジミという2種のしじみが棲息していますが、 食用にされるのは専らヤマトシジミ です。

しじみの特徴として挙げられるのは、アサリなどに比べると小さいこと、殻が黒いことです。
また、しじみは昔から健康に良い食べ物とされてきましたが、現在ではしじみの何が健康に良いのかも判明しています。

それは、しじみ多く含まれているオルチニンという成分です。
オルチニンは多機能アミノ酸の一種であり、アンモニアの解毒を行う作用がある他、肝臓の働きを助ける効果があります。

他の食品と比べてみても、しじみは特にオルチニンの含有量が多いです。
しじみを直接食べることでもオルチニンを摂取することができますが、しじみの成分を凝縮したサプリメントも販売されており、これらを飲むことでより効率的にオルチニンを摂取できます。

はぐくみオリゴの成分は便秘に効果ない、の詳細